山口会計事務所 HOMEへ

長野県松本市の税理士事務所「山口会計事務所」

山口会計事務所/〒390-0851 長野県松本市島内3688-11
9:00~17:30 TEL.0263-48-0167
HOME>税務/経営 最新情報>消費税率引上げに伴う経理処理の注意点

消費税率引上げに伴う経理処理の注意点

平成26年4月1日より消費税率が8%へ改定されましたが、取引内容によっては税率改定後であっても旧税率が適用されるケースなどもあり、税率改定前後の期間は新旧税率が混在することとなるので注意が必要です。

○売上値引や返品の場合

税率改定後に値引や返品が発生した場合であっても、税率改定前に販売した商品の場合には旧税率で処理することになります。従って、レシートや納品伝票等により販売時期や適用税率をきちんと把握する必要があります。

同様に、売掛金等が貸倒れとなった場合においても、貸倒れの発生した時期ではなく、貸倒れになった売掛金等がいつの売上のものなのかにより適用税率を判定します。

 ○施行日をまたぐ公共料金等の支払の場合

例えば電気料金で3/16~4/15分を4月分として支払うような場合、経過措置の対象となり4月以降の支払でも旧税率(5%)が適用されます。他にも電話、ガス、水道料金なども経過措置の対象となりますので、請求書等により適用税率を確認し経理処理をする必要があります。

なお、同じ通信費でもインターネット通信料などで月々の使用量に関わらず定額料金の契約の場合や、機械の保守やコンサルタント報酬など公共料金以外の役務提供にかかる料金については経過措置の対象ではありませんので、税率改定後の請求には新税率(8%)が適用されます。

 ○電車の乗車券等を購入した場合

乗車券代などの旅客運賃等についても経過措置の対象となり、施行日以後の乗車券代であっても、施行日以前に支払を済ませているものは旧税率の適用となります。但し、これはあくまで税率に関する規定であるため、経理処理では切符の購入時には前払費用として資産計上をし、実際の乗車時に旧税率にて費用計上することとなります。

なお、施行日以前にスイカなどのICカードに現金をチャージ(入金)しても乗車券を購入した事にはならないため、入金時には前払い金等に計上し、実際に乗車券を購入した時点で新税率により費用計上することになります。

 ○賃借料の支払をした場合

営業所の家賃や月極めの駐車場代等を支払う際、前家賃(4月分を3月末に支払うなど)の契約としている場合、3月に支払った賃借料は4月分であるため、施行日以前の支払でも新税率の適用になります。但し、契約期間とその期間中の賃料があらかじめ決められており、賃料の変更ができないような定めがある場合など、旧税率が適用されるケースもありますので、契約書の確認が必要です。

なお、住宅の家賃や土地の賃料については、消費税は非課税ですので特別な処理は必要ありません。

 

他にもリース取引や複数月の賃料を前払した場合などにおいては、契約内容などにより経理処理の方法や消費税の処理が変わってくるケースもあり、適用を誤ると所得額や納税額に影響を及ぼす場合もありますので注意が必要です。

税務/経営最新情報
2015.01.13
短期譲渡所得と長期譲渡所得の所有期間について
2014.12.27
不動産賃貸のフリーレントにかかる税務上の取扱について
2014.12.25
親族へ低額賃貸した場合の必要経費について

月別アーカイブ

山口正雄ブログ
2014.04.15
鳥居火祭り
2014.03.19
諏訪湖1周
2014.02.03
節分
2013.12.03
リフト稼働
2013.10.17
“冬”到来?!
TKCプログラム・ダウンロード

TKCリンク

  • 戦略経営者システムQ&A
  • 毎月更新!お役立ちコーナー
  • 社会福祉法人の皆様へ
  • 経営革新等支援機関
  • 補助金・助成金情報
  • TKC戦略経営者ローン
  • FX4クラウドのご紹介
山口会計事務所 HOMEへ
山口会計事務所/〒390-0851 長野県松本市島内3688-11 TEL.0263-48-0167 FAX.0263-48-0253
© 山口会計事務所. All rights reserved.
お問合せ 事前連絡いただきますと、土日祝日の対応が可能です
ページの上へ