山口会計事務所 HOMEへ

長野県松本市の税理士事務所「山口会計事務所」

山口会計事務所/〒390-0851 長野県松本市島内3688-11
9:00~17:30 TEL.0263-48-0167
HOME>税務/経営 最新情報>国民年金保険料の「2年前納」を利用した場合の年末調整の社会保険料控除について

国民年金保険料の「2年前納」を利用した場合の年末調整の社会保険料控除について

年末調整の季節になりました。生命保険料控除のための書類等の提出は済まされましたか?

本年年4月より、2年分の国民年金保険料を口座振替でまとめて納める「2年前納」制度が始まりました。「2年前納」した場合、毎月納付する場合と比べ、14,000円程度の割引になるそうです。

 国民年金保険料の支払額は、その全額が年末調整の社会保険料控除の対象となります。

そこで気になるのが、「2年前納」した場合、年末調整でどのように社会保険料控除を行えばよいのか?

国税庁からは、以下の2つから選択できることが発表されています。

①    納めた年に全額控除する

②    各年分の保険料に相当する額を各年において控除する

 いずれの方法を選択したとしても、年末調整にて国民年金保険料について社会保険料控除を受けるためには、日本年金機構が発行した社会保険料控除証明書を「給与所得者の社会保険料控除申告書」に添付して、会社に提出することが必要です。

ただし、日本年金機構が発行する社会保険料控除証明書には、前納分を含め、その年に納付された保険料の総額が記載されています。

そのため、上記①を選択した場合は、発行された控除証明書をそのまま添付するだけで構いませんが、上記②を選択した場合は、本人が、各年において、別途「社会保険料(国民年金保険料)控除額内訳明細書」を作成し、控除証明書とともに提出をする必要があります。

なお、平成27年・28年につきましては、控除証明書は自動発行されませんので、年金事務所に控除証明書の再発行の依頼が必要になります。

平成26年に「2年前納」(H26.4月~H28.3月:355,280円)を行い、上記②の方法を選択した場合の控除額は、

<平成26年:H26.4月~12月>

控除額 : 355,280円 × 9か月 / 24か月 = 133,230円

 <平成27年:H27.1月~12月>

控除額 : 355,280円 × 12か月 / 24か月 = 177,640円

<平成28年:H28.1月~3月>

控除額 : 355,280円 × 3か月 / 24か月 = 44,410円

※  「2年前納」以外に、過去に免除を受けていた分を支払った場合などは、上記の金額に加えてください。

※  一度、上記②の方法を選択した場合は、上記①の方法に戻すことはできません。

また平成27年に、平成27年分と28年分をまとめて控除することもできませんので、ご注意ください。

 別途作成資料の「社会保険料(国民年金保険料)控除額内訳明細書」など、詳しい内容は、日本年金機構のHP【平成26 年に国民年金保険料を2年前納した場合の社会保険料控除について】を、ご参照ください。                          (塩原)

 

 

 

 

税務/経営最新情報
2015.01.13
短期譲渡所得と長期譲渡所得の所有期間について
2014.12.27
不動産賃貸のフリーレントにかかる税務上の取扱について
2014.12.25
親族へ低額賃貸した場合の必要経費について

月別アーカイブ

山口正雄ブログ
2014.04.15
鳥居火祭り
2014.03.19
諏訪湖1周
2014.02.03
節分
2013.12.03
リフト稼働
2013.10.17
“冬”到来?!
TKCプログラム・ダウンロード

TKCリンク

  • 戦略経営者システムQ&A
  • 毎月更新!お役立ちコーナー
  • 社会福祉法人の皆様へ
  • 経営革新等支援機関
  • 補助金・助成金情報
  • TKC戦略経営者ローン
  • FX4クラウドのご紹介
山口会計事務所 HOMEへ
山口会計事務所/〒390-0851 長野県松本市島内3688-11 TEL.0263-48-0167 FAX.0263-48-0253
© 山口会計事務所. All rights reserved.
お問合せ 事前連絡いただきますと、土日祝日の対応が可能です
ページの上へ