山口会計事務所 HOMEへ

長野県松本市の税理士事務所「山口会計事務所」

山口会計事務所/〒390-0851 長野県松本市島内3688-11
9:00~17:30 TEL.0263-48-0167
HOME>税務/経営 最新情報>短期譲渡所得と長期譲渡所得の所有期間について

短期譲渡所得と長期譲渡所得の所有期間について

 新しい年を迎え本格業務が始まって1週間が過ぎてしまいました。

いよいよ確定申告のシーズンです。平成26年中に土地や建物を売却された方はH27.3.16までに譲渡所得の確定申告が必要になります。

 土地や建物の売却に伴う譲渡所得は金額が大きくなることもあるため、税金も多額になることがあるので注意が必要です。

 そこで今回は土地や建物の売却に伴う譲渡所得の計算上非常に重要になる短期譲渡所得・長期譲渡所得について説明します。

 (不動産を売却した際の課税制度)

土地や建物等を譲渡した際の所得税は、その土地建物の所有期間の長短により①長期譲渡所得と②短期譲渡所得に分けて計算することになります。

また、この譲渡所得は事業所得や給与所得など他の所得とは区分して、譲渡所得そのものに税率を乗じて税金を計算します。(分離課税)

 (適用税率) 

①  長期譲渡所得=20.315%

所有期間が5年を超える土地建物等を譲渡した場合には、長期譲渡所得とされ、15%の所得税及び5%の住民税が課税されます。(現在は、所得税の額の2.1%相当額の復興特別税が加算されることになり、税負担の総額は20.315%となります。)

 ②  短期譲渡所得=39.63%

所有期間が5年以下の土地建物等を譲渡した場合には、短期譲渡所得とされ30%の所得税及び9%の住民税が課税されます。

 (所有期間の判定)

このように所有期間の長短で負担する税額が大きく異なることになりますので、長期または短期に該当するかの判定は、たいへん大きな問題です。

その所有期間の判定は、土地建物等の取得の日から、譲渡した年の1月1日までとされ、譲渡した日とは異なりますので、注意が必要です。

取得の日から譲渡した日までが5年を超えていても、譲渡した年の1月1日時点で5年を超えていなければ、その譲渡した土地建物等は短期譲渡所得となるということです。

 (取得日・譲渡日の判定)

取得した日は、原則として資産の引渡しの日が基準とされています。

引渡しの日は、契約書上での引渡日・所有権移転登記書類の授受・その土地建物等の利用を開始した日・譲渡代金の大部分の受領など、その土地建物の支配関係がいつ移転したのかに基づいて判断しなければいけません。ただし、原則として譲渡代金の決済が完了した日より後にはなりませんので留意してください。

引渡日のほかにも、契約の効力発生の日を選択することも可能です。契約の効力発生の日は、売買契約の締結日になります。

 納税者は取得日・譲渡日をいくつかの条件の中から選択することができます。

譲渡資産の取得日を契約の効力発生の日(契約日)で判断していても、その資産を他の者に譲渡した場合の譲渡日を、契約日でなく、引渡日とすることも可能ということです。

 また、譲渡所得は収用や居住用財産などの特例も多く用意されています。

個人で調べ着ることはなかなか難しいので、わからないこと等あればぜひ山口会計事務所までご相談ください。

 今年も皆様の税金・経営について有用な情報発信に努めてまいります。よろしくお願い申し上げます。                                              (担当:山口正太郎)

税務/経営最新情報
2015.01.13
短期譲渡所得と長期譲渡所得の所有期間について
2014.12.27
不動産賃貸のフリーレントにかかる税務上の取扱について
2014.12.25
親族へ低額賃貸した場合の必要経費について

月別アーカイブ

山口正雄ブログ
2014.04.15
鳥居火祭り
2014.03.19
諏訪湖1周
2014.02.03
節分
2013.12.03
リフト稼働
2013.10.17
“冬”到来?!
TKCプログラム・ダウンロード

TKCリンク

  • 戦略経営者システムQ&A
  • 毎月更新!お役立ちコーナー
  • 社会福祉法人の皆様へ
  • 経営革新等支援機関
  • 補助金・助成金情報
  • TKC戦略経営者ローン
  • FX4クラウドのご紹介
山口会計事務所 HOMEへ
山口会計事務所/〒390-0851 長野県松本市島内3688-11 TEL.0263-48-0167 FAX.0263-48-0253
© 山口会計事務所. All rights reserved.
お問合せ 事前連絡いただきますと、土日祝日の対応が可能です
ページの上へ